ホームスタッフブログ > 食器の行く末

食器の行く末

■2013/12/31 食器の行く末
 食器はその使用目的上よほどの高級品でないかぎりなかなかリサイクリングとはなりにくい、箱に入って一品一品包装されたまったく未使用の新品とか、有名なメーカーの商品やアンテイックな物とか展示用のお皿などはそれなりに需要もあるし、価格も驚くほどになる場合もあるでしょうが。
 しかし、あまり有名でもない商品ですと、1度~2度しか使用してない綺麗でまだまだ使用可能でもちろん傷やひびなど全くあるはずもない、りっぱな美しい食器などには、目もかけてくれませんし顧みられることなく、土くれのように不用品として回収され破壊され処分されてしまうのです。
 制作された時には、きっと心を込めて作られ、釜で何日も焼かれて大事に作られた食器が、ゴミのように扱われあっというまに元の土に戻ってしまうのは悲しいことです、海外の貧しい人々にまさに再利用、リサイクルしてもらえたら、そうとう感謝されるのじゃないでしょうか。
 むろん、輸送の難しさや管理の問題など解決しなければならないことは、沢山あるとは思いますが。
 決して出来ないことじゃあないように思いますが、いかがでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
Aサービス
http://www.dust-a-service.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TEL:047-462-3075
住所:千葉県船橋市芝山5-2-6
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/W9_l
Twitter:http://p.tl/RgXg
mixi:http://p.tl/ovk5
アメブロ:http://p.tl/kRQv
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ページ上部へ